読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹色クレパス

コノブログハタレナガヒ。モジハナキソレハオモイコミデオモシロシ。チュウイセヲ。

時をかける少女

 

別のアートワーク、想像が彼女にはかけられていて彼女の親御さんが奉公娘という気持ちもよく分かる。よくも一人のごく一般的娘が家の外にでるとまあ色々な視点にあてられるもので彼女をかわいいと思ったり不細工と思ったり色々でしょうが彼女の後輩が彼女をいいなって思ってちょっと髪型真似たり彼女をいいと思った男子が彼女を勝手に妄想したりしていつの間にか彼女は彼女以上に大きくなっていて。僕が想像する時をかける少女という文字に当てられた意味合いとこの中編小説の意味合いが違うくてなんか時代を感じざるを得ませんでした。